スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語学習の俗説(2)

学校文法=文法・構文は役に立たない?。

そんなわけないでしょう

役に立たないどころではありません。

強力な武器です。

普通に日本で育ち教育を受けた人が、たとえば ― The interesting response to the nature-society tension, much more fertile than the return to, or nostalgia for, nature, can be summed up by the word "culture." It seems to mean something high, profound, respectable - a thing before which we bow. It joins nature as a standard for the judgment of men and their deeds but has even greater dignity. It is almost never used pejoratively, as are "society," "state," "nation" or even "civilization," terms for which culture is gradually substituted, or whose legitimacy is underwritten by culture. Culture is the unity of man's brutish nature and all the arts and sciences he acquired in his movement from the state of nature to civil society. Culture restores the lost wholeness of first man on a higher level, where his faculties can be fully developed without contradiction between the desires of nature and the moral imperatives of his social life. (「The Closing of the American Mind」より) ― というような文章を読めるようになるためには、文法・構文の知識が欠かせないし、逆に、その知識を背景に語彙が充分であればどんな英語の文章でも読めるようになる。

学校文法つまり文法・構文の知識こそ、役立たないどころか、それがなければあるレヴェルを超えた英語の文章など到底理解できないし、大学の授業などを聴いて理解することもできない。

それなら、どうして、「学校文法は役に立たない」という俗説がまかり通るのか?

2つの理由が考えられると思います。

(1)学校で学習するだけで、実際は充分理解もしていないし、ましてや習得もしていない。
(2)中学で学習する学校文法もおぼつかないから、かたことの英語もしゃべったり聞いたりできない。その結果 ― 実はしっかり習得していないからにすぎないことに気づかずに ― 学校文法は役に立たないと思い込む。

「The Closing of the American Mind」などに興味を持つ人は ― 実用的な価値は何もないし ― ほとんどいないでしょう。

他方、簡単なことでも英語でしゃべったり聴き取ったりできないことに不便を感じる人は大勢いるはずです。

だから、「学校文法は役に立たない」とされるのは、圧倒的に(2)の理由によるものと思われます。

簡単なことでも英語でしゃべったり聴き取ったりできないことに不便を感じる状態を脱するためにはどうしたらいいか?

案外簡単です!

その方法についても、また後程、説明するつもりです。
スポンサーサイト

英語学習の俗説(1)

英語は、ただ聞くだけでしゃべれるようになるか

なりません!

なるはずがない。

なぜか?

あなたが日本語がしゃべれるようになった過程を考えてみてください

個人差が大きいが、だいたい2~3歳で、よほど遅くても5歳ぐらいでしゃべるようになる。

そうです。自然にしゃべるようになる。

しかし、ここからが肝心な点。

A: 生まれた瞬間から、いや、おそらく胎内にいるときから、いったいどれくらいの時間を日本語環境の中で過ごしてしゃべりだすのか?

毎日、8時間日本語に接するとして2年間あまりだと、だいたい6000時間になります。

それに比較して、仮にCD教材を考えてみましょう。CDが数十枚あるとしてもせいぜい数十時間ですよ!

たとえば、50時間英会話のCDを聞くとして. これは教材としては非常に大量になりますが、毎日8時間に換算するとたったの1週間弱

代表的な市販のCD教材などは、初心者でも、延べ時間数にして250時間弱(毎日8時間として1ヶ月)CDをただ聞き流すだけで、英語が喋れるようになるとしています。

さて、赤ちゃんが1週間や1ヶ月でしゃべりだしますか? そんなことはありえない。 

B: さらに、赤ちゃんはただ聞いているだけではない。お母さんをはじめとするいろいろな人に話しかけられ、スキンシップもあり、周囲の喜怒哀楽の雰囲気も体験し、自分もちゃんと反応するという、それこそ生のことばの環境にどっぷり浸っている。

このAやBの実情を考えないで、CDなどの音声を聞くだけで、あるいはただ受け身で映像も見るだけで、「自然に英語が話せるようになる」とか「ある日突然英語が口から飛び出してくる」などのキャッチ・コピーに乗ると、失敗する。

それこそ、自然・当然の成り行きといえます。

ただし、だからといって、よく売れている市販の英会話教材が役に立たないわけではありません。

ただ、聞くだけではほとんど役に立たない。

しかし、市販の有名なCD教材を活用して大いに成果をあげる方法はあります

また、成果を上げている人は、意識的あるいは無意識的に、その方法を実践した人です。

その方法については、また後程、説明するつもりです。

はじめに

日本で普通に教育を受けた人たちが、社会人になってもう一度英語をやりなおしたいと思ったとき、どうすれば最も効率よく再学習ができるのか?

今の日本は、まさに英語学習大国。

街の書店でもインターネットでもどこでも、あらゆる英語教材があふれ、さらに毎日のように新教材・新学習法が登場し、それこそ無限の情報に満ち満ちています。

英会話学校も盛況です。

いったい、何から始めたらよいのか? 

だれだって、大いに迷って当然でしょう。

やりはじめても、途中であきらめ、また別のやりかたに手を出してしまう人たちもめずらしくありません。

そこで、まったく迷う必要のない、確実・単純・明快な英語習得法を提案したいと思います。

30年余り英語指導に携わり、自身もあらゆる学習法を試行錯誤して成功も失敗も数多く経験してきた私、「塔主」がガイドです。

コメントや質問は大歓迎です。
アマゾン検索
プロフィール

塔主(とうしゅ)

Author:塔主(とうしゅ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR